働くダラ親の中学受験記録

2018に中学受験する一人娘とその親の日々のメモ

きっかけ

きっかけは3年の秋。

娘は運動系習い事もやっていましたが、そこの仲間がみな私立志望と聞き、また、私立には女子だけの学校も多いと知り、私立に憧れを持つようになりました。

 

一方。親の方も、

私→高校、大学受験で激しく苦労した

夫→高校は楽勝。大学も指定校推薦。苦労知らず

だから、子供に大学受験で苦労させたくない、と意見が一致し、私立に入れた方が賢明かもと思い始めました。

 

そろそろ4年。

公立にするにしても、算数くらいは塾か公文に行かせた方がいいし、私立にするなら即塾だ。

 

というわけで、年末。

とりあえず、近所に唯一ある大手塾の無料体験授業を受けてみました。

ついでに入塾テストも受けました。

 

結果。

国語は受験可能レベルだけど、算数は公立レベルの学年平均値と言われました。

 

…無理かなぁ…。

 

自宅に持ち帰り、他塾の資料請求しつつ、再検討。

 

年明け。近隣の個別指導を複数体験。

その結果。

一番近く、かつ、一番綺麗で、一番親身になってくれ、本人がピンときた個別指導塾に算数だけ受験コースで通うことに。

 

だめなら即高校受験に切り替え。

伸びるなら大手塾に転塾…したいなぁ、と、とにかく受験に向けて見切り発車しました。

広告を非表示にする